ネクストリデルの逆襲 vol.2 『僕らのネクスト』リリース

2015.12  The next! Liddell 1974

 
目撃せよ…
151205 下北沢DaisyBar
『僕らのネクスト』当日配布のみ限定50部

Photograph:朝岡英輔
Art Direction / Design:野中健一(NUDE FREE WORKS)
Illustrations:野中健一(NUDE FREE WORKS)、MISAKI KATO

以下オフィシャルHPより
——-
The next! Liddell 1974
“ネクストリデルの逆襲”vol.2

The next! Liddell 1974がシングル『ライトミュージックワンダーランド!』以来、
約2年ぶりとなるシングル『ワンダーランドとシング』をリリースすることを発表した。
既にライヴでも演奏され人気の高い「リデルインワンダーランド」「シンガァソング」の
2曲を収録の本作は、会場限定販売CDとして発売中。

また、The next! Liddell 1974は、「ネクストリデルの逆襲」と題した3ヶ月連続企画を開催。
第2弾の12/5(土)下北沢DaisyBarでの公演で未発表曲『僕らのネクスト』のCDを無料配布。

その他公演詳細は、後日発表となる。

公式ホームページThe next! Liddell 1974

あいみょん 2nd mini album“憎まれっ子世に憚る”12/2発売

2015.11  株式会社ラストラム・ミュージックエンタテインメント / 株式会社スターレイエンタテインメント

 
あいみょん 2nd mini album“憎まれっ子世に憚る”12/2発売

アートディレクション&デザインの方携わりさせていただきました。
フォトグラファーは竹林省悟

ビジュアルテーマは“希望の光”
ハタチになった今までの“あいみょん”の等身大の人生観に基づき、
近い将来の想い、こうあってほしい、なりたい。
その純粋で偽りなき儚くも美しいハタチの“あいみょん”に差す希望の光。
幸せを勝ち取る決意表明。

光輝く太陽を求め総計4日間のロケ班。
ロケ班中は、一度も晴れる事なく、光の数々のシミュレーションを検証。
撮影当日は、台風の翌日。雲一つない美しい太陽が光輝きました。
今作があいみょんにとって、輝かしい人生の光となりますように。

あいみょんOFFICIALサイト
http://www.aimyong.net

以下音楽ナタリーより

あいみょん、個性的な曲名並ぶ新作「憎まれっ子世に憚る」
前作「tamago」以来、約半年ぶりのリリースとなる本作は7曲入り。
ライブでもすでに披露しているリード曲「どうせ死ぬなら」のほか、
「おっぱい」「私に彼氏ができない理由」といった
個性的なタイトルが並んでいる。
どのような仕上がりになっているか楽しみにしておこう。

また彼女は本作のリリースを記念して
12月に初の自主企画イベント「いざ、尋常に」を開催する。
イベントは13日の東京・TSUTAYA O-Crest、
20日の大阪・LIVE HOUSE Pangeaの2公演。
どちらもゲストが追加される。
オフィシャルサイトでは10月22日18:00までチケットの先行予約を受け付けている。

あいみょん「憎まれっ子世に憚る」収録曲
01. どうせ死ぬなら
02. 19歳になりたくない
03. 好きって言ってよ
04. 泥だんごの天才いたよね
05. おっぱい
06. 私に彼氏ができない理由
07. ほろ酔い

あいみょん presents「いざ、尋常に」
2015年12月13日(日) 東京都 TSUTAYA O-Crest
2015年12月20日(日) 大阪府 LIVE HOUSE Pangea

The next! Liddell 1974 2nd Single CD“ワンダーランドとシング”11/15発売 “ネクストリデルの逆襲”より

2015.9  The next! Liddell 1974

 
ネクストリデルの逆襲と題したThe next! Liddell 1974の
キービジュアル兼アーティストPHイメージを担当させていただきました。
フォトグラファーは朝岡英輔

“音楽を纏う”朝岡氏とコグレ氏と考案したコンセプト。

メンバー1人1人のもっている個性や、性質、役割、そして音楽そのものが
身体から発露し衣となり空気に漂い、The next! Liddell 1974 という
一つの生物のように、一心団結の精神を込めて構成しました。
逆襲の“襲”の中には、龍と衣があり、
音楽を纏う最強の戦士達の決意表明でもあると私は想うのです。
龍のごとく、空を、この世界を駆け昇って自由に大暴れして欲しい。
全てはここ3日間の偶然の出来事で、奇跡的にその全てが繫がった。
不思議な体験でした。ますますのご活躍を楽しみにしています。

Photograph:朝岡英輔
Art Direction / Design:野中健一(NUDE FREE WORKS)
Illustrations:野中健一(NUDE FREE WORKS)、MISAKI KATO

以下オフィシャルHPより
——-
The next! Liddell 1974
“ネクストリデルの逆襲”

The next! Liddell 1974がシングル『ライトミュージックワンダーランド!』以来、
約2年ぶりとなるシングル『ワンダーランドとシング』をリリースすることを発表した。
既にライヴでも演奏され人気の高い「リデルインワンダーランド」「シンガァソング」
の2曲を収録予定の本作は、会場限定販売CDとして11/15に発売される。

また、The next! Liddell 1974は、「ネクストリデルの逆襲」と題した3ヶ月連続企画を開催。
11/15(日)下北沢DaisyBarにてthe twenties/Helsinki Lambda Clubが出演する他、
元・死ぬまで生きるもんズのVo伊藤陵太郎の新バンドCramptonの初ライヴが決定。

その他公演詳細は、後日発表となる。

公式ホームページThe next! Liddell 1974

TSUMUZI 2nd フルアルバム『ゲルニカの掟〜最果てのソレア』発売

2015.2 

 
TSUMUZI 2nd フルアルバム『ゲルニカの掟〜最果てのソレア』2月18日全国発売

アートディレクション&デザインの方携わりさせていただきました。
フォトグラファーは竹林省悟

TSUMUZIさんとの出会いは、ちょうどこの時期の2年前今の場所に事務所に移した頃、
雪が深々と降る中、中目黒の楽屋で出会った。

その頃の印象を当時の手記より
————————————————
なにか映画を見ているうちに、
現実的環境から、無意識に別次元のストーリーの世界へ
没頭するような感覚に近い体験。
本を読んでいるときもこのような感覚に近しい。
その場所がどこであれ
一瞬で空気を変える力があると想った。
————————————————

それから2年が経ち、去年の秋から冬に移りかけた時、
TSUMUZIさんより2ndアルバムのアートワークの相談を
直接いただきました。
まだ、その頃音源もタイトル曲である2曲を
DEMOの状態ながらも、
拝聴させていただき凄まじい印象を受けた。
静けさと激しさ、儚さと強さ、闇と光、相反する感情が
音の中でぶつかり合い、
闇の中を光を求めて前進していく様を感じた。

JAZZなので、歌詞がなくタイトルと楽曲の音を
純粋にヴィジュアルで表現すること。
果たして自分ができうるのか?
それは芸術家こそが成し遂げれるのでは?
様々な不安がありましたが、
思考の前にやらなければならないと想った。

印象だけをたよりに数多くのアートディレクションを模索した。
それは目的地も確かではない、まだ見ぬ果てへの旅のよう、
香りを頼りに行き先を見つける地図のようなものを作った。
スタッフも、気分や空気を共有しながらともに歩んでいける最小構成で挑んだ。
TSUMUZIさん、竹林氏と地図を元に様々な行き先を検討しつつここに辿りつきました。

アートワークに関しては、TSUMUZIさんその人へと続く旅でした。
人を知り、望む景色をその目にする事。導く事でした。
シンプルにTSUMUZIさん自身と向き合い竹林氏と模索したどり着いたステキな景色です。

是非、手に取って拝聴いただけたら嬉しいです。
ブックレットの中面は、旅景色の結晶、
写真とアートワークが一曲ごとに展開されています。

2014末〜2015初めにかけ、この作品に携われた事が純粋に誇りと想います。
よろしくお願いします。

●リリース情報
TSUMUZI / ゲルニカの掟~最果てのソレア
YZDI-10134 定価¥2,200 (税抜¥2,037)
発売日:2015年2月18日
発売元: DIAA Inc.
販売元: クラウン徳間ミュージック
【収録楽曲】
01. 最果てのソレア
02. だまし絵の中のワルツ
03. Nostalgias
04. ゲルニカの掟
05. Trapeziste
06. 天窓の少女
07. Palacio Blanco
08. Midnight Garden
09. 二月二十六日のタンゴ
10. ローチェの香り

TSUMUZI 2nd Album『ゲルニカの掟~最果てのソレア』発売記念ライブ
2/26(木)渋谷JZ brat
Show Time
Open 17:30
1st: 19:30
2nd: 21:00
Live System 入替なし 予約¥4,000 当日¥4,500
Members;
TSUMUZI(vln)
竹内大輔(p)
侑音(g)
太田 太(b)
佐々木俊之(ds)

ご予約はこちら
渋谷JZ brat

松の間

2014.8  (株)エムオン・エンタテインメント

 
松の間ロンチしましたー!!
松の間ってなーに?
という事で 簡単に説明すると、

松居大悟監督の情報発信基地的(子供の頃、橋の下に作った秘密基地のようでもある※私見)なwebコンテンツです!

記念すべき第一回目ゲスト様は、
向井秀徳様です。

映画好きな方も、音楽好きな方、笑いに飢えてる方も是非ご覧になっていただけると幸いです。

企画・編集の西村さんいわく
このちょっと足りてない感じがいいです!
ロゴも愛嬌あるけど、普段僕が携わっているような削ぎ落とすような造形がひとつもないのは、たぶん同じ気持ちだったと思います。

お茶の間に誰かが必ず大好きなミュージシャンが
普通にゆるく談笑してるのってそれだけでステキ!

次回以降も凄い濃い味のするステキな方がお見えになります!
※次は超絶3枚目のファンキーな方だと思う。
まだ内緒なので楽しみに!

タダなんで、本当に暇な時でもいいです!みてください。
何卒よろしくお願いします。

追伸
撮影場所でもある(株)エムオン・エンタテインメントの5Fはとてもいい香りがした。and GIRLの編集部からだよね。きっと。西村さんはじめみんなカッコいい方ばかりです。

松の間
http://www.whatsin.jp/movie/63722

監督のプロフィール松居大悟
映画「スイートプールサイド」「アフロ田中」の監督、劇団ゴジゲン主宰、クリープハイプ、大森靖子のミュージック・ビデオを手がけるなど、映画&MV監督、劇作家、演出家、俳優……と多岐に渡る活動を行っている松居大悟が、このたび、初のMCに挑戦します。
毎月素敵なゲストをお迎えし、アットホームな「松の間」にて、松居ならではの最高のおもてなしをする、トーク動画連載のスタートです。

Staff credit
MC:松居大悟
Camera Crew&Direction:寺田泰(DELTRIBE)
Logo Design:野中健一(NUDE FREE WORKS)
Styling:纐纈春樹
Produce:河口義一(M-ON! Entertainment Inc.)
Web Direction:岸淳(M-ON! Entertainment Inc.)
Editorial:西村由美(WHAT’s IN? WEB)
Special Thanks:阿部広太郎/大石直人(GORCH BROTHERS)/関信行/永堀アツオ

The next! Liddell 1974 ワンマンライブ「イェイ イェイ イェイ 」

2014.7  21

 
2014年7月21日(月・祝)にThe next! Liddell 1974ワンマンライブ「イェイ イェイイェイ」が下北沢DaizyBarにて開催します。キービジュアルの方担当させていただきました。とてもステキなライブになります。ご都合つきましたら観にきてくれると嬉しいです。何卒よろしくお願いします。チケット絶賛発売中!

The next! Liddell 1974 ワンマンライブ 「イェイ イェイ イェイ」
下北沢DaisyBar
■open 18:00/start 18:30
前売り 2500円(D別)/当日 未定

【学割有り】
学生の方、500円ディスカウントキャッシュバック!!
※当日受付ご入場の際、学生証の提示により500円をキャッシュバック致します。

ローソンチケット

e+

DaisyBar店頭
http://www.daisybar.jp/

公式ホームページThe next! Liddell 1974

BAND A、1stフルアルバム『○か×か』4月9日全国発売

2014.3 

 
BAND A、1stフルアルバム『○か×か』4月9日全国発売
詳細&新アーティスト写真を公開

アートディレクション&デザインの方携わりさせていただきました。
BAND A 1stフルアルバム『○か×か』の詳細が昨日解禁となりました!
フォトグラファーは永峰拓也さん

生死感 LIVE ○か×か 
制作とは 創造とは
どろまじりのゆらぐ 闇の水面の中
希望を 手探りながら
天へ掲げる それこそが人生だと想うのです

そんな気持ちでBAND Aさんの決意をビジュアルに
希望の光に昇華すべく今も絶賛制作進行中です。

皆様、店頭で見かけましたら是非手にとって、
BAND Aにふれていただけると嬉しいです。
何卒よろしくお願いします。
 
BAND A official website
http://www.band-a.net
amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B00IIBY8HO
——————–
以下 Rockin on RO69よりリリース文

BAND Aが4月9日(水)にリリースする1stフルアルバム『○か×か』の
詳細と最新アーティスト写真を公開した。

キャリア初のフルアルバムである同作には、
1月22日にリリースされたライヴ会場限定シングルに収録されている“テレパC”、
“退屈”、ライヴ定番曲“the help me”などを含む全13曲が収録される。

また、光と闇にフィーチャーした同作のアートワークは、
タイトルの『○か×か』というシンプルなメッセージを光と闇で表現している。

現在、BAND Aは全国18ヵ所のレコ発ツアー
「ライブ会場限定シングル『テレパC』リリースツアー“即売会”」を行っており、
3月29日(土)の東京・下北沢DaisyBarでファイナルを迎える。

リリース、ツアー情報は以下の通り。

●リリース情報
1st Full Album『○か×か』
2014年4月9日リリース
PRM-014 / ¥2,315(税抜)+税
1.the help me
2.DDD
3.嬉しい悲鳴
4.テレパC
5.季節を、アイス
6.sad my sunday
7.砂のガム
8.チュッチューン
9.夏のお嬢さん
10.ノーマルソング
11.あーだこーだ
12.ソニックブーム
13.退屈

●ツアー情報
「ライブ会場限定シングル『テレパC』リリースツアー“即売会”」
3月08日(土)滋賀U☆STONE
3月09日(日)京都MOJO
3月15日(土)群馬SUNBURST
3月18日(火)神戸 太陽と虎
3月19日(水)大阪MUSE
3月22日(土)埼玉KYARA
3月29日(土)下北沢DaisyBar

http://ro69.jp/news/detail/98403?rtw

親子であそぼう!こどもあそびうたベスト30 発売!

2014.1 

 
2014.1.15wed 本日、親子であそぼう!こどもあそびうたベスト30 発売されました!
このCDのアートワークを弊事務所が携わりさせていただきました。

昨年3月より弊事務所の一員となったデザイナー加藤が
初めてアートディレクション全般を担ったものです。
とてもステキな仕上がりとなりました。

この作品は、親と子が楽しく同じ音楽で身体を動かし、
純粋に音楽・リズムを楽しむためのものです。
そして親と子の愛情と関係がより深まるよう、
親子って素晴らしいなと届くよう作られました。

思考や想いを形にするデザインはとても難しい。
そして、そのプロセスを人に伝える事はなおさらです。
届ける相手や対象、目的、環境等、条件がその都度案件により変化し、
デザインプロセスも常に変化します。

私はあまり表層的な形や技能的な事をあまり重要としていなく、
最低限必要な事をその都度教えるぐらいです。

目的地は何処に?どういう道を辿っていくか?どうあるべきか?
そして、触れたり、見たり、手に取ったときに、
そこに想い、愛が込められているか?伝わるか?
これだけを常に伝え、一緒に考え続けました。

それが約1年間の中で彼女の中で芽生え、少しづつ育ち、
愛ある作品として届けられた事はとても嬉しかったりします。
まだまだはじまったばかりですがね(笑)
私、個人的にも想いある案件でした。

ステキなCDとなっていますので、
お子様がいる方、夫婦の方、将来一緒になる恋人達へ、
店頭で見かけた時、是非手に取ってみてください。

また、Amazonでも視聴できますのでよかったら是非ご視聴、
ご購入いただけたら嬉しいです。
http://www.amazon.co.jp/dp/B00GJHWZ4M

何卒よろしくお願いします。
 
“親子であそぼう! こどもあそびうたベスト30 (振付解説付き)”
CD (2014/1/15)
ディスク枚数: 1
レーベル: ポニーキャニオン
収録時間: 50 分
ASIN: B00GJHWZ4M
EAN: 4988013575363

The next! Liddell 1974 1st シングル『ライトミュージックワンダーランド』

2013.10 

 
敬愛するThe next! Liddell 1974のシングルジャケットが今日解禁されました!
2013年11月6日発売されます!!
アートディレクション・アートワークを携わりさせていただきました。

弊事務所 NUDE FREE WORKS(僕と弟子の加藤)が総力を上げて、
ああだ!
こうだ!
こっちだ!
そこだ!
っと言いながら
自らの表現技量の限界まで賭けて無心に取り組みました。無事発売されそうです!!

作業が終わった日、キックオフから入稿下版までの険しき道。
その過程の全てが愛おしい。でも、それは清々しくまっしろになりました。
もう一度最初から同じ時間を選択できるなら迷いなく選びます。

今年の1月29日に初めてメンバーの音楽に触れ、
もう一度、自分をあきらめない、
頑張ろうと想いさせてくれた
The next! Liddell 1974

そして、今、
自分 本当に幸せでいます。
HAPPYは続いていきます!
そっちの世界もこっちの世界も、
この音楽が流れる所に、
雲は動きやさしい風は吹いている。
少しでも興味をもっていただけたら、
全国のTOWER RECORDで視聴機はいりますので耳に入れてもらえたら幸いです。

心地よき風を感じたら、彼らのLIVE是非!!!足を運んでください。
よろしくお願いします。

2013年11月6日発売
1stシングル『ライトミュージックワンダーランド!』
PRM-012 / ¥500(tax.in) タワーレコード限定発売
1.ライトミュージック!
2.ワンダーランドライト

—————
2013年12月13日(金)
「ライトミュージックワンダーランド!」リリースワンマンライブ@渋谷WWW

■出演:The next! Liddell 1974
■open 18:30/start 19:00
前売り 2500円(D別)/当日 未定
来場者先行販売 10/4(金)DaisyBarから
■プレイガイド
HP先行 9/20(金)18:00~9/30(月)23:00
受付URL
e+
一般発売
10/26(土)
ぴあ 0570-02-9999
ローソン 0570-084-003
e+
■問 HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
—————
2013年12月08日(日)
「ライトミュージックワンダーランド!」リリースツアー@天王寺Fireloop

■出演:The next! Liddell 1974/i GO/明日、照らす/UNDER NINE/CLEAR PALETTE/roll back/ and more…
■open/start 未定
前売り 1800円/当日 2300円
—————
2013年11月18日(月)
「ライトミュージックワンダーランド!」リリースツアー@名古屋CLUB ROCK’n'ROLL

■出演:The next! Liddell 1974/Half moon spiral/ 水主町サンセット/セケンシラズ
■open 18:30/start 19:00
—————

The next! Liddell 1974

The next! Liddell 1974 自主企画「真夏の夜の夢」

2013.7 

Photo:Shu Asizawa(S-14)
ArtDirection/Design:Kenichi Nonaka(NUDE FREE WORKS)
 
2013年8月28日(水)O-Crest(渋谷)で開催される
The next! Liddell 1974 自主企画 「真夏の夜の夢」
のキービジュアルを担当させていただきました。
とてもステキなLIVEになるでしょう。
一度観れば人生の価値観が変わると想います。
機会があれば是非何卒よろしくお願いします。
チケット絶賛発売中!

詳しくは公式サイトより
The next! Liddell 1974

2013年8月28日(水)
The next! Liddell 1974 自主企画 「真夏の夜の夢」

O-Crest

■出演:The next! Liddell 1974/BAND A/The John’s Guerrilla
■open 18:30/start 19:00
前売り 2500円(D別)/当日 未定

チケットぴあ Pコード:204-449 0570-02-9999
ローソン Lコード:73240 0570-084-003
e+

■問 primitive 03-6903-4175

 

  •  
  • 1